古物商とネット販売

オークションサイト利用と古物商をもつ必要性

兼業している会社ではヤフオクストアを運営しています。

 

もともと必要があって古物商は会社でとってありましたので、商品販売の販路というかたちでヤフオクストアを開設するにあたり申請時に登録情報を提供しています。

 

ヤフオクは個人でも利用できますが、会社でストアを運営するという形にすることで月額費用を0円にしてコスト削減することにしました。申請手続きには登記簿提出などもありましたので、少々手続きは必要でしたが1回で済みましたので当時は特に問題なく済ませることができました。

 

 

Who is 情報の提出

ヤフオク以外にも自社のホームページで商品販売を考えていましたが、その場合もホームページの申請を出さなければいけないことに気づいたので同時に申請することにしました。その手続自体さほどは難しいものではありませんでしたが、ちょっと面倒なことはありました。

 

Whois情報の取得です。

 

当時登録するのに引っかかってしまったのはこれです。あちこちに電話したりメールしたり問い合わせして確認しました。というのも、ホームページの何をどうしたらいいのか全然わからず、いったい何を求められているのかがわかりませんでした。そもそもWhois情報とは、なんなんでしょうか?

 

Whoisとは、IPアドレスやドメイン名の登録者などに関する情報を、インターネットユーザーが誰でも参照できるサービスです。(「Whoisとは」より引用

 

つまり、そのホームページが古物商の許可を貰ってる法人(または個人)のものであることを証明する情報になります。ほとんどのホームページは最初の設定でWHOIS代理公開設定が有効になっており、そのホームページの所有者はレンタルサーバー側になっています。

 

ですので、古物商許可をもつ人が自身のホームページ上で古物を販売したい場合は、申請の伴ってまずこのWhois情報を書き換える必要があります。現状がどうなっているかの確認はこちらでしてみてください→Whois検索

 

現状では、レンタルサーバーなどご自身の情報ではないと思います。お使いのサーバーのインフォメーションパネルに必ず「Whois情報」の項目があります。その項目の中の『Whois情報代理公開』部分の「有効」を「無効」に切り替えてください。無効に切り替えたら、法人(個人)の情報を記入していきます。

 

このとき、情報は世界中に公開されるものなので表記も海外向けのものになります。その点を注意しながら記入していってください。すべて記入が終わったら、その情報が反映されるまでおよそ24時間待ちます。一定時間経ってから再度の確認はこちらでしてみてください→Whois検索

 

ドメイン名等の情報がご自身のものに変更されたことを確認したら、そのままその画面をプリントアウトしてください。ホームページの登録申請をする時に警察署に提出する添付書類になります。申請に必要な書類は以下の通りでした。神奈川県の場合は神奈川県警のホームページで申請書がダウンロードすることができます。

 

①「変更届出書」別記様式第6号その1(ア)
②「営業の方法にかかる変更事項」別記様式第6号その3(第5条関係)
③Whois情報(プリントアウトしたもの)

 

記入の仕方は警視庁のホームページにあるものがしっかり表記してくれているので、それを見ながら記入して各管轄の警察署に持ち込んで確認してもらうことをお勧めします。ちなみに、このホームページの登録申請には費用はかかりません。書類の提出が終わったら、受領書を受け取って終了です。変更届の提出ですので、提出したその日から、ページ上で商品販売が可能となります。

 

 

ちなみにヤフオクストアについては…

ヤフオクストア運営の方はご存知と思いますが、今後ストア運営者はヤフーショッピングとの統合が必要になるため現在以降手続きを行わなければらならないことになっています。以前、ヤフオクストア開設にともなってショップのURL登録をしなければならないということで警察で手続きをすることになりましたが、今回も新たにショッピングのページができましたのでWho is 情報を取得のうえでURLの登録をしました。

 

その際に担当の方に聞いたのですが、「URLはあるだけすべて登録ができます。100個でもできます」とのことでした。複数のサイトで中古品を販売されている方やストアを出店されている古物商をお持ちの方はすぐ済みますのでサクッと登録しましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です