行政書士

 

 

中野栄恵
(登録番号 21092183)

 

保有資格

ファイナンシャルプランナー技能士2級(個人資産相談業務)
法務博士
英検準2級

趣味

料理(燻製・パン作りが大好きです!)
読書
海外ドラマ鑑賞
アニメ鑑賞
映画鑑賞
ラジオ視聴(とくにTBSラジオ・J-WAVE)
怖い話
文房具集め

はじめまして!

相模原市出身、相模原市育ち、相模原市在住です。
生まれてこの方ずっと相模原市民です。
小学校・中学校・高校までは相模原市内、大学は東京都下、大学院は都内でした。

 

現在は有限会社清新電機工業所で経理・事務・Web業務のかたわら鈑金の手伝いもしています。
最近までNISSAN Fairlady 240Z の鈑金塗装の手伝いをしていました。
ツナギを着てあれこれと作業をしており、これからも兼業で仕事を続けます(詳細はこちら)。



また、生まれた時から清新という土地で親兄弟が働く姿、商売を見てきました。
大きな企業とは違う、自分たちで本業以外の煩雑なことをしなければならないこと。
何からやらなければならないか、そこから調べなくてはいけないこと。
誰に何を頼めばいいのかもわからないことだってあると思います。
何より平日の仕事の合間に手続きに奔走しなければならないのに手が足りないなど…。

 

わたし自身も零細企業の人間として仕事するなかであらゆる問題に直面してきました。
そんな経験を通し、中小零細企業・個人事業主のみなさまの
お困りごと解決のサポート支援をしてまいります。

 

当事務所は有限会社清新電機工業所と提携しています。

「福祉」について

大好きだった祖母は目が見えない人でした。

 

私が生まれた頃にはもう見えなくなっていたので、祖母は私の顔を知らないのだと思います。
学校に行っている時間以外はなにをするにもほとんど一緒に過ごし、
祖母の目が見えないことはあまりにもあたりまえ。
なにも不思議に感じることはありませんでした。
今考えてみれば祖母は「障がい者」でしたが、私にとっては手を引いて共に歩く存在でした。

 

大学院に通っていたとき、家族が病気をして不自由な体になりました。
緊急手術のときも入院のときも転院のときも自宅に戻ってからも
何らかの手続きは私がしていました。

 


車椅子のことや装具のことで市や業者に何度も掛け合ったこともありました。
多くの方は立場上言えないことや遠慮してしまうことがあると思いますが、
わたしは直接介護をすることができなかったのでできる方法でこれからもサポートし続けます。

こぼれ話

最近、家系図を見せてもらう機会がありました。
その時にわたしの曽祖父が「代書屋」をしていたと聞きました。
わたしは曽祖父に会ったことも写真を見たこともなく、
ともに暮らした祖父についても謎が多くてどんな人だったのかをよく知りません。

 

行政書士を始めるにあたり親類縁者からいろんな話を聞きながら
もっとさかのぼった家系図が欲しいと思うようになりました。

 

これから自分のルーツを知る旅をはじめるつもりです。