車検証ICカード化がスタートしました

1月4日から車検証のICカード化が開始となりました。A4サイズの紙媒体からA6サイズのカード(ICチップ付き)となります。

掲載情報と非掲載情報があります

掲載される情報としては、内容に変更がないものとなります(A部分)。所有者情報や使用者情報はICチップに格納されます(B部分)。このICカードに格納されている情報については専用アプリで読み取る(PCはWindows10、11のみで対象のICカードリーダーが必要/スマートフォンはiPhone iOS14,15、Androidは9~12)こととなります。現在、iPadがアプリをダウンロードできるようになっているようですが読み取りができないとのことで使用を控えるようにとアナウンスされています。

情報の保存と印刷について

iPhoneの場合、PDFでのみ情報の保存が可能ということで、一度ダウンロードをしてから印刷する形になるようです。車検証が必要な諸手続きの場合は少々手間が増える形になりそうです。

Windowsを利用する場合は他の形式でも情報の保存が可能となります。りんごユーザーにはまた少し不便があるかもしれませんね。iPadについては現在修正をかけているようなので、ぜひiPadヘビーユーザーの私にとっては早く使えるようになって欲しいです!

実際に車検に行ってきます!

軽自動車の車検証ICカード化は令和6年となっております。会社の車が数台、車検の時期なので軽自動車と乗用車の車検が終わり次第、ご報告します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です